ペルー旅行

Posted on

かねてから行ってみたいと思っていた、世界遺産のMachu Picchuに行って来ました。

トロントからリマに飛びそこで3泊滞在、それからクスコまで行き、高度に慣れてから念願のマチュピチュまで車と鉄道での移動という行程でした。南半球のペルーは季節がトロントと反対で、3月下旬なのに強い陽の光に曝され、帽子なしでは街中を歩けないほどでした。

例のごとく、ペルーの首都に着いてすぐスマホ用の Simカードを入手し、まずはリマの街を散策。午後はリマ市内の観光ツアーに参加し、アルマス広場、恋人達の公園などをバスで観光。あいにくイースターにあたり、カテドラルの中には入れませんでした。翌日はツアーのおさらいで自力で広場まで行き、ペルー料理を食べ、翌日からのクスコ行きに備えます。

クスコは標高3,399メートルの街で、ここで身体を高度に慣らします。ここでもツアーに参加してインカ帝国の遺跡、名勝を観光。

クスコで2泊した後、マチュピチュに向かいます。マチュピチュまでは登山列車ビスタドーム号に乗って、アンデス山脈の勇壮な眺めを車窓から堪能。およそ1時間半の乗車後、いよいよマチュピチュに到着。山の合い間から青空とまばゆい太陽が覗いてます。迎えてくれたガイドさんによると、前日は雨だったとのこと。3月いっぱいは雨季だったということをすっかり忘れるほど、今回の旅行、お天気に恵まれてます。やっぱり私は晴れ女だったと改めて確認。鉄道の終着駅からマチュピチュ遺跡まではクネクネ道をバスで登ります。ついに遺跡に到着。こんな山の中によくぞこんな立派な都市を建造したもんだと、ただただ感服。この感動はとてもじゃないけど言葉では表せません。